男の人

国保連へ伝送ソフトで介護請求をしよう|管理が楽になります

施設見学に行こう

介護士と車椅子の男性

八千代の有料老人ホームを選ぶときは、ネットで情報収集をしてから施設見学に行くと良いでしょう。施設内の雰囲気や入居者の様子、スタッフとの距離感を確認することで、良い施設であるか判断できます。

もっと見る

初期費用を抑えよう

パソコンを操作する人

介護施設は国からの援助と利用者からの援助によって成り立っています。施設の利用料金の実に9割ほどを国が負担していて、介護施設側は定期的に国保連に介護請求をすることになります。今まで、国保連への請求作業では磁気ディスクが使われていたのですが、この方法だと手間がかかる上に情報漏えいといったリスクもあるため、最近では伝送ソフトを導入する介護施設が多くなっています。伝送ソフトを導入すると国保連への請求作業が楽になるだけではなくコスト削減にも繋がるので、介護施設へかかる負担も少なくなります。しかし、伝送ソフトの需要が高くなるにつれて提供されているソフトの種類も数が多くなっているため、導入の際は各ソフトの特徴や費用などを比較して、無理なく使用できる種類を選ぶようにしましょう。

伝送ソフトを導入する場合、なるべく初期費用を抑えたいのならASP方式のソフトを選んだ方が良いでしょう。パッケージ型のソフトの場合、事前に専用のソフトを購入してインストールするという作業が必要になるので、ソフトを購入するための費用が発生してしまいますし、その他の手数料などもかかってしまいます。しかし、ASP方式の伝送ソフトはネット環境が整っていればソフトを購入することなく利用できるので初期費用を安くすることができます。また、サポート体制も充実しているので初めてソフトを導入するという場合でもすぐに使いこなせるようになります。このように便利な伝送ソフトですが、より詳しく使い心地を調べたいのなら体験版を使ってみても良いでしょう。

おすすめ関連リンク集

  • さんわケアサービス

    利用者からの満足度が高いので安心してお任せできちゃいますよ。有料老人ホームは八千代にあるここで決まり!
  • 知って納得!介護伝送ソフト比較のツボ

    どの国保連伝送ソフトをどうにゅうすればいいかわからず悩んでいるという方に見てもらいたいのがこちらの情報サイトです。
  • SuisuiRemon

    ノウハウを活かした機能が充実しています。介護事務ソフトを仕事に導入してみるといいでしょう。詳細はこちらにアクセス!
  • 介護システムなび

    国保連の伝送ソフトを使おうと思っているならコチラを参考にしましょう。ソフトの機能や使い方について知ることができます。
  • シニアライフネット

    入居時に必要な費用は場所によって異なっているので事前確認が大切です。老人ホームは堺に沢山あるので比較してみましょう。

入居するメリット

笑顔の男性

老人ホームに入居すると、介護の負担が大幅に少なくなります。また、提供される食事も非常に美味しく作られているので、食事制限を受けている人でも毎日の食事を楽しく感じられるでしょう。

もっと見る

二つの種類

PCを触る女性

介護請求ソフトにはパッケージ型とASP方式の2種類がありますが、どちらも良い点と悪い点があるので、導入の際は違いを把握しておきましょう。また、いずれにしても導入すると介護請求作業が楽になります。

もっと見る